« 30キロ走 2回目 | トップページ | クロカン走へ »

2007年5月20日 (日)

あした光りのなかで

あした光りのなかで 先日購入した「あした光りのなかで 成田真由美という伝説」を読みました。

パラリンピック水泳の成田真由美選手のアトランタからシドニー、アテネ(アテネで7つの金メダル獲得)までの軌跡が書かれています。

初めて出場した水泳大会の帰りに交通事故に遭うなど、パラリンピックを迎える度に大きなアクシデントにあってしまいます。それを明るく前向きな性格と厳しいトレーニングでパラリンピックで金メダルをとるだけでなく、世界新記録を出していきます。

読み始めた当日に読破してしまいました。人前で読んでいましたが、感動し目頭が熱くなるのを抑え切れませんでした。
厳しいトレーニングはできませんが、前向きな性格は見習っていきたいです。

<リンク集>

成田真由美-Wikipedia
パラリンピックにはアトランタ、シドニー、アテネと3大会連続出場し、合計20個(金15個、銀3個、銅2個)のメダルを獲得。

« 30キロ走 2回目 | トップページ | クロカン走へ »

コメント

コメントありがとうございました。
今のオイラにはうってつけの本かも・・・
良い本の紹介、ありがとうございます。

投稿: ひらりん | 2007年5月21日 (月) 19時27分

時間があるとき読んでみてください。力が湧いてくると思います。

投稿: ひらぼん | 2007年5月21日 (月) 23時52分

この記事へのコメントは終了しました。

« 30キロ走 2回目 | トップページ | クロカン走へ »