« フェルマーの最終定理(サイモン・シン著) | トップページ | インターバル1000m×5 »

2007年9月 8日 (土)

インターバル粘れず

インターバル1000m×3をしました。

一時は涼しい日が続きましたが、台風が過ぎたあとは一転また暑い日が戻ってきました。
それ以上に昨日ジョギングしている時点で脚取りが重く、今日走る際には復活してくれるかもと思いましたが、脚は重いままでした。

今日からインターバルは1000mに変えて行ないます。走る前から上記のような理由づけを考えてしまい、1本目をスタート。タイムは3分46秒と悪くもないけど、すごく良くもない。2本目は3分57秒。
この時点で給水したかったけど、続けて3本目をスタート。タイムは4分08秒。今までのインターバルでは悪くても4分前後で粘れていたのですが、3本目は全く脚が動かなかったです。

給水した後にまた4本目を走り出しましたが、途中でタイムは出ないだろうと感じ、そのまま終了しました。

前回のインターバルとは逆に不完全燃焼でした。
また今日は風が少しあり、また夕方走ったので西日がキツかったです。

タイムは以下の通りです。
3'46"
3'57"
4'08"

« フェルマーの最終定理(サイモン・シン著) | トップページ | インターバル1000m×5 »

コメント

ひらぼんさん、
この週末の暑さの中、粘ってインターバルは、かなり至難の業なのではないでしょうか。。。
気持ちを持っていくだけでも、すばらしい感じがしました。。。

投稿: iyashi | 2007年9月10日 (月) 12時52分

理由がわかっていても、なかなか悔しいものです。
また次の練習で頑張ります。

投稿: ひらぼん | 2007年9月10日 (月) 23時17分

この記事へのコメントは終了しました。

« フェルマーの最終定理(サイモン・シン著) | トップページ | インターバル1000m×5 »