« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

6月まとめ

走行距離 221.9キロ(走った日 17日間)
水泳 0.5キロ(泳いだ日 1日間)
運動した日は、18日間。

ジョギング距離グラフ 6月になると最高気温が25度前後もあり、外を長くジョギングするときは昼間が多いので、バテました。
7月、8月は夕方か夜に走ろうと思います(朝は苦手…)。森林公園のクロカンコースも走りたいです。

来月の目標走行距離も220キロです。

| コメント (3)

2009年6月25日 (木)

目標タイムから時速を計算する

例えばフルマラソン(42.195km)を○時間で完走するときの平均時速を計算してみる。

目標距離 Rキロ
目標タイム A時間B分C秒

速さは、「距離÷時間」で求められ、時速はkmとhour(時間)での単位なので、目標タイムを時間に換算する。

1分は1時間の60分の1なので、(1÷60)時間。同様にB分は(B÷60)時間。C秒はさらに(C÷3600)時間となります。
以上をまとめると

時速
=距離÷(時間+分÷60+秒÷3600)
=R/(A+B/60+C/3600)
となります。

EXCELでの関数は以下のようになります(小数点第2位切り捨て)。

時速=ROUNDDOWN(距離/(時間+分/60+秒/3600),1)

マラソンのタイムに対する、5キロと1キロのラップと時速です。

マラソン5km1km時速
3時間 21分19秒 4分15秒 14.0
3時間30分 24分53秒 4分58秒 12.0
4時間 28分26秒 5分41秒 10.5

<追記>

上記のように時間換算にした場合、30キロ等で不具合が出るので、秒に換算して計算します。
時速・ペース計算ツール」に組み込み、Web上で計算できるようにしました。

<関連記事>

時速と1km当たりの時間の関係
1キロのラップと時速の換算について。

時速・ペース計算ツール
1キロのラップと時速の換算をWeb上で計算します。

| コメント (4)

2009年6月20日 (土)

パークOツアーズ 第4戦 所沢航空記念公園

所沢の航空公園にて、オリエンテーリングの大会に参加して来ました。

航空公園

前回の岩鼻での大会は良い感じで走れたので、この大会もと思っていましたが、6番のポイントで大ミス!なんと11分もウロウロと探してしまいました。ミス率も33%と跳ね上がりました。地図をよく見れば分かるものだけに残念でした…。
その後しばらく放心状態で、最後の方は脚も重たくゴールしました。

気を取り直して、また次の大会は頑張ります。

| コメント (2)

2009年6月16日 (火)

雪くま「慈げん」キャラメル(6月限定)

6月でも幾つかのお店ではかき氷「雪くま」を始めているとのことで、オリエンテーリング大会の後、熊谷の「慈げん」に行きました。

GWのB級グルメでも頂き、美味しかった「キャラメル」が、6月限定ということで、再度頂くことにしました。

キャラメル

出てきた雪くまを見ると、山盛りのようなかき氷です。でも食べ終わった後は、多過ぎず少な過ぎずと、ちょうど良かったです。
キャラメルの味は甘過ぎずにかき氷とマッチして美味しかったですよ。

熊谷には何度も来れないので、今日はさらに「ミルクあずき」も頂いてしまいました。こちらも甘いミルクで美味しかったですよ。

ミルクあずき

6月限定の味は、キャラメル以外にも3つの味があるので、もしまた機会があれば頂きたいですね。

<関連記事>

慈げん(雪くま)
抹茶あずきの紹介

| コメント (8)

2009年6月14日 (日)

パークOツアーズ第3戦 岩鼻運動公園

東農大三高と岩鼻運動公園にて行なわれた、オリエンテーリングの大会に出ました。
埼玉のパークOツアーズのひとつで熊谷に続いての参加です。

東農大三高

前回の熊谷で初めてEカードを使い、自分がミスが多いことも客観的に分かったので、今日はいくつか課題を持って臨みました。

1.ミス率1桁
前回は19%と他の競技者に比べて悪かった。

2.Eカードに慣れて、リズムを崩さない、時間を掛けない
Eカードを使うのは今回2回目となるので、スムーズに処理する。

3.スピードの調節
今までは1つ1つ全力疾走するだけで、通過してから次のポイントを探していましたが、今回は楽に走れるところは次の次を確認しておき、ポイントで立ち止まったりしないようにしました(書籍「オリエンテーリング」第3章のスピードの調節、負荷は一定に、の項を参照しました)。

岩鼻運動公園

今回は木々の間を走ったりして楽しかったです。
また上記の課題も、まずまず実行できました。実際、途中で先のことを考えているので、ポイントでパンチするときも身体の向きなど意識して、あまり立ち止まることなく、スムーズに動けました。いくつか迷ったところもあったため、ミス率は16%と1桁には遠かったですが、他の競技者も同じくらいだったので、少しは上達したのでしょうか。

大会終了後は、学校専用バスで熊谷へ、かき氷の「雪くま」を食べに行きました。

| コメント (2)

2009年6月 7日 (日)

時速を計算するページを作りました

時速と1kmのペースを換算する計算式は以前に書きましたが、時速やペースの数値を入れてボタンを押すと計算するページを作ってみました。

時速・ペース計算ツール
http://runner-hirabon.cocolog-nifty.com/run/jisoku.html

簡単なjavascriptですが、まだif文(もし~ならば)が完全ではないので、マイナスのタイムを入れてもそのまま計算してしまいますが、常識的な範囲では大丈夫です。

携帯でも使えるようにしたかったのですが、対応してくれないみたいで対応出来るようになったら、また書きますね。

<追記>

6/12 マイナスなどの数字を入れたときに、エラーメッセージを出力するように修正しました。

| コメント (8)

2009年6月 6日 (土)

プリン博覧会2009(5)

雪ふりプリン・王妃の白プリン 久しぶりに池袋サンシャインのナンジャタウンの「プリン博覧会」に行ってきました。

今日は「雪ふりプリン」と「王妃の白プリン」を持ち帰りで購入しましたよ。

雪ふりプリン(写真右)
(矢内菓子舗)

地元の新鮮な牛乳で作る白いプリンの上にかかるのは、まるで雪のようなホワイトチョコ。牛乳本来の旨味をいかしたプリンと、ホワイトチョコの深いコクが絶妙なバランスに。2008特別金賞受賞。

プリン自体も美味しく、さらにホワイトチョコと一緒に食べると、深い味わいを楽しめます。通販もあります。

王妃の白プリン(写真左)
(レストラン・フォンテーヌ)

金木犀の花がそのまま入った、優雅に香るシロップ。真っ白なプリンにかけると、あまりの美味しさに絶句!!ふるふるの食感と口いっぱいに広がる香りは、名前の通り高貴そのもの。フレンチレストランが生んだ感動必至の名品!

プリンは白く、口に含むととろけます。上から金木犀のシロップをかけるとプリンと混ざり合い、とろけるプリンを楽しむことが出来ます。通販もあります。

両プリンとも、とても美味しかったですよ。

<関連記事>

プリン博覧会2009(2)
「ふらの牛乳プリン」、「旭山どうぶつ園 奇跡のプリン」の紹介

プリン博覧会2009(3)
「吟風鈴(ぎんぷうりん)」、「琉球プリンマンゴー」の紹介

プリン博覧会2009(4)
「京「生」キャラメルプリン」、「秋田なまはげ塩プリン」の紹介

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »