« The Long Road | トップページ | 3月まとめ »

2011年3月26日 (土)

店舗出店で失敗しないために

ランニングとは全く関係ありませんが、前の仕事で店舗(小売)の立地と売上の予測をしていたので、ブログにまとめてみました。

出店はまだ店舗を構えていないので、売上がはっきり分かるわけではないので、リスクがついてきます。特に一度出店するとなかなか後戻りもできないので、立地選びは重要になってきます。
成功例はいくつかの要素があるのですが、失敗例は決まったパターンがあります。

1.立地と賃料の関係

まず始めに、良い立地は賃料は高く、人通りの少ない場所などは賃料は低くなります。
良い場所で商売はしたいものですが、売上が低い時でも、賃料は必ず払わなくてはいけません。その際に賃料が高いと支払する、お金も莫大な金額になります。
長く続けていくことを考えれば、立地の良さだけでなく、賃料の金額にも注意する必要があります。

2.視認性

店舗があっても、それを知られなければ来店してもらえません。
目立つ看板などを付けていても、通りからは木に隠れたりして、見えないことも良くあることです。
必ず通りから歩いたり、車を運転している目線から確認しましょう。

3.居抜き

店舗が退店した所に、出店することを居抜きといいます。
安く出店できたりなどのメリットもあるのですが、前に使っていた店舗は何らかの事情で退店したのですから、何か売上につながらなかった理由があると見て気をつけた方が良いでしょう。

4.2階部分

路面に面したビルの2階以上での店舗には、人はわざわざ階段を上がって来ません。
人通りが多ければと思っても、かなり厳しくなるでしょう。ただし歯科などの病院や英会話教室など目的性の強い業種は別です。

5.幹線道路

片側の車線が2車線以上ある幹線道路では車は入ってきません。
もちろん1車線でも車が出入りしやすくなければなりません。また中央分離帯があると反対車線から入ってくるのは難しくなります。

6.2層構造

1階、2階と2層構造になった店舗があります。しかし2階部分にも販売員がいなければならず、人件費がかさむことになるので避けたほうが良いでしょう。
また先に書いたように人はなかなか階段を上がりませんので、2階部分は1階部分より売上は低くなります。

7.川沿い

特に大型の河川であるほど、川沿いや川の近くは店舗には不向きです。
川を越えるのは、自転車はもちろん、車でも抵抗があります。そのため川の向こうから来店は期待できないと考えてよいでしょう。

<関連書籍>

立地と売上予測に関する書籍は以下のものがあります。

実践 売上予測と立地判定 (林原安徳著;商業界)
店舗出店戦略と売上予測のすすめ方(ディー・アイ・コンサルタンツ著;同友館)

« The Long Road | トップページ | 3月まとめ »

コメント

前職は経営コンサルタントの仕事ですか?

投稿: 遊 楽 | 2011年3月27日 (日) 19時16分

>遊楽さん

コンサルタントではなく、経営企画という仕事をしていましたが、出店する際に売上の予測をしていました。

投稿: ひらぼん | 2011年3月27日 (日) 22時59分

ひらぼんさん
こんばんわ!

へえ~、前はこんな仕事(出店のコンサルタント?)していたのですか?!ちょっと興味があるので読ませてもらいました。
立地が悪い(昔は良かったのですが、、。)うちの店はどうしたら良いかと考えているところなので~す。
お邪魔しましたあ~。

投稿: 金寿しのおやじ | 2011年4月 1日 (金) 21時44分

>金寿しのおやじさん

現況は分からないのですが、お寿司は美味しいと評判のようですね。
グーグル等で「飲食店 販促」で検索すると宣伝の方法など書いているサイトとかあります。
今度、食事に行ってみたいです。

投稿: ひらぼん | 2011年4月 2日 (土) 21時44分

お待ちしております!

投稿: 金寿しのおやじ | 2011年4月 3日 (日) 01時06分

>金寿しのおやじさん

おやじさんのお寿司を楽しみにしております。

投稿: ひらぼん | 2011年4月 3日 (日) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« The Long Road | トップページ | 3月まとめ »